老健 患者さん

ママさんナースの多い職場の見つけ方

看護師の仕事を一生続けていきたい、と思うときの難関は、子育て中にどう働いていくか、ですよね。

 

実際、子育てしてみて分かりますが、子育ては母1人ではどうやっても無理で、たくさんのサポートが必要になります。

 

家族の協力はもちろんのこと必要ですし、予期せぬ病気や怪我、ぐずったり、泣いたり、わめいたり、成長に伴う自己主張、反発、いろいろなことがあるので、人が無事に大人になることは本当に大変なことだとしみじみ思います。

 

でも、子育て中だから、と、せっかく勉強して取った資格、やりがいと理想を持って勤めていた看護師の仕事から長く離れるのももったいない話なので、ママさんナースとして働いている方が身近にいると、頑張れる気がしますよね。ママさんナースが多い職場は、子育てのサポートが大きい職場であることが多いです。

 

院内保育園があり、時短勤務、日勤のみ、パート勤務といった様々な労働形態を持つ病院です。特に、頼ることが出来る家族や親せき、実家がない場合は、24時間365日対応する保育園を持つ病院もあるので、そういった、子育てに対する病院側の体制を調べてみると良いですよね。

 

ママさんナースが多い職場は、子育てに理解と協力があるので、これは介護をしているナースにもあてはまり、無理のない働き方が出来ることは、職員全員にとっても良い環境なんですよね。

 

院内保育園で子ども同士が仲良くなり、職員の方とも仲良くなって、良き子育て仲間になっている、という話もあります。

 

子育て中の悩みは似たようなことが多いので、自分の子どもよりも上の年齢のお子さんを育てているママさんナースと話すことはとても参考になるし、頼りにもなるし、心強い味方にもなってくれます。

 

離職率や有給休暇取得率なども調べて、労働環境の良い職場を見つけると良いですよね。